MT4等の常時稼働用にWindows10機を作ってみる。①

為替(FX)を触るうえで、MT4のEAを動かす為に常時稼働させるWindows機が欲しいって思ってる人は少なくないはず。

余ってるnotePCを使うと発熱が凄くて火災などの心配も。。。
VPSを借りてそこに環境を作るもスペックの壁が・・・

かといってスペックの高いWindowsサーバーを借りるのはコストが・・・

こういう悩みにぶち当たりますよね💦

今回はデスクトップPCを中古で安く買って、少し手を加えるだけで快適な常時稼働用Windows10PCを作っちゃえ!って内容になります。

ただ、VPSやWindowsサーバーを借りるわけではないので、常時稼働させても絶対安全かと言うとそうではありません。(もちろんサーバーを借りても絶対安全というわけでは無い。)

突然壊れて動かなくなるリスクはもちろんありますし、発熱によって出火する事も考えられます。
それによって損失が出ることも考えられますので、そこを理解できる方だけがこの先の話を参考にしていただければいいかな?と思いますのでよろしくお願いします^^

この記事を参考にしたことで、いかなる損失や事故があった場合でも責任は取れませんのでご了承下さい。

MT4をそれなりに稼働させるにはどれくらいのスペックがあればいいか考える。

スペックですね。
これはもぉほんとに妥協は必要です。

快適さを求めて上を見てしまうときりがないし、そんなに高いPCを使ってしまうのはもったいない気持ちになってきます。

だからそれなりでいいと思います^^

周りの界隈の先輩たちにも使用しているPCのスペックをリサーチした結果、最低限あった方が良さそうなスペック(個人的な主観が入ってます)をまとめてみました。

デスクトップPC
CPUは第4世代のi5以上。
メモリは8GBは欲しい。
グラボは無くてもよい。
SSD環境
Windows10(個人的にはproが欲しいけどhomeでも可)

以上!

なんだかハードルが下がった気がしますよね^^

後は自分が管理しやすいものを選べばいいと思います。

まずは中古のパソコンを探しに行ってみる!(オークション等も可)

近くにPCを専門に扱うショップがある方は、とりあえず見に行ってみましょう。

※2019年4月頃に組み立てたのですが、その時の参考価格での話しになります。

パソコンショップなんて行ったことがない!
全く分からないから怖くて行きにくい!

そう思う方もいらっしゃるかと思いますが、そんなに怖がらなくても大丈夫です。
分からなければ店員さんに助けを求めればいいんです。
この記事を見せながら説明すればいいんです(笑)
店員さんもお仕事なので聞けば教えてくれますし、アドバイスもくれるはずです!

中古のPCを見てみると、DELLとかHPが並んでいる事が多いです。
会社などで使われていたPCが中古市場に流れてくることが多いみたいですね。

いくつか見ているとこのPCが目にとまりました。

01Always-on PC

 HP Compaq Pro 6300 SFF

【OS】Windows 10 Pro 64-bit
【CPU】Intel Core i5 3470 @ 3.20GHz
【メモリ】4.0GB DDR3-1600(空き2)
【HDD】500GB
【ドライブ】DVD-ROM(読み込み専用)
【内蔵GPU】Intel HD Graphics 2500
【映像出力】D-sub/DisplayPort
【有線LAN】1000BASE
【無線LAN】なし
【USB】USB3.0×4/USB2.0×6(前面4、背面2)
【office】なし

CPUは第3世代だけど、それ以外はベースとしては文句なし。
DELLの似たようなスペックのPCも並んでいましたが、中を開けて見せてもらうと、DELLはギュウギュウ詰めにされてて見た目に放熱の心配があったので、これに決めました。
あと、HPは中のパーツを交換するのがやり易いと思います。

このスペックで 17,258円。
ほんとPCも安くなりましたね。。。

HDDやメモリを強化する!

ベースになるパソコンは決まりましたので、次はSSDとメモリを探します。
このPCではSSDに換装するためにSSD変換マウンタも必要になりますのでお忘れなく。
もし分からない時は店員さんを捕まえて聞きましょう^^

SSD

最近、ノートPCもHDDからSSDに換装したこともあり、個人的に気に入ってるSSDは『Samsung 860EVO 2.5インチ内蔵型』です。
『2019/05/22 現在の250GBの価格はAmazonで5,926円です。』

Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型【PlayStation4 動作確認済】5年保証 正規代理店保証品 MZ-76E500B/EC

03Always-on PC

SamsungのホームページからSSDの管理ツールが無料でダウンロードでき、調べてみると評価もよく、安すぎるSSDを買って速度が上がらないとかすぐ壊れたとかなると嫌だったので 860EVO を使っています。
公式HPから『SAMSUNG MAGICIAN』をダウンロードして使ってみると、速度も上がるし今のところ文句なしでオススメできます。

SSD変換マウンタ

860EVOは2.5インチなので、今回購入したPCでは3.5インチベイに 設置するための変換マウンタが必要になります。(使用するPCによって異なるので要確認)
『2019/05/22 現在の価格はAmazonで457円です。』

アイネックス 2.5インチSSD/HDD変換マウンタ HDM-34

12Always-on PC

メモリ

今回、8GB欲しかったので、4GBの2枚セットの物を使いました。
店員さんと相談の上、相性問題が起きにくそうなメモリお選びましたが、これを買えば確実に大丈夫というわけでは無いのでご注意ください。
『2019/05/22 現在の4GB×2枚の価格はAmazonで7,049円です。』

CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC3L-12800(DDR3L-1600) 8GB(4GB×2枚)

11Always-on PC

メモリに関しては相性問題が起きやすいので、買った店で『メモリー交換保証』のようなサービスがある場合はつけておいた方がいいかもしれません。
今回買った店でのメモリー交換保証は537円でした。
これをつけておけば万が一相性が悪くて使えない場合でも別の商品と交換(差額は必要)してもらえるという便利な内容でした。(購入店舗でご確認ください。)

その他

購入した店によってはPCのAC電源ケーブルが付属していない場合もあります。
その際は電源ケーブルの用意も忘れないようにしましょう。
今回のPCも電源ケーブルは別で購入しました。
『2019/05/22 現在のAC電源ケーブルの価格はAmazonで634円です。』

アイネックス AC電源ケーブル ACP-18A

13Always-on PC

店舗で購入したので、価格はAmazonと異なりますが、参考までに載せておきます。

02Always-on PC

SSD250GB 5,979円
SSD変換マウンタ 572円
メモリー4G×2枚 5,378円
AC電源ケーブル 802円
メモリー交換保証 537円
pc本体 17,258円

計 30,526円(税込み)

モニターはすでにあるものを使用するので購入していませんが、もし無い場合は用意する必要があります。

常に作業をする目的ではないので、そんなに高価なモニターは必要ないかと思います。
ただ、MT4をいくつも並べたりするのであれば、後々の管理のしやすさを考えると24インチ程度、FullHD(1920×1080) 以上はあった方が便利かもしれません💦

ひとまず、これで必要なものは揃いました。
次回は、PCの中を写真で説明していこうと思います。

続き → MT4等の常時稼働用にWindows10機を作ってみる。②